調布・狛江・府中・三鷹・稲城等での相続・遺言の相談は
相続遺言遺産承継の調布相談所へ

運営:司法書士ワンズベスト法務事務所

お気軽にお問合せください
電話による受付時間:9:00~18:00
お問い合わせフォームからは24時間受付可能です。
ご相談は平日夜間や土曜・日曜・祝日も対応可

お電話でのお問合せ・ご相談

042-444-4525

相続・遺言のお役立ち情報・よくあるご質問
 

配偶者居住権とは

相続法改正により、配偶者居住権が創設されました。

相続の際に居住をしていた建物に配偶者には居住権が認められることとなり、他の相続人が居住用不動産を取得した場合に配偶者は居住権を取得し、無償で引き続き居住することができます。

従来は建物の所有権を配偶者が相続できれば居住できましたが、所有権を別の相続人が取得してしまうと、引き続き居住することができませんでした。(もちろん任意で居住をしたり、賃貸借契約を締結して居住することはできましたが、権利として主張することはできませんでした、)

そして、配偶者が居住用建物を取得しようとすると、不動産だけで相続分に達してしまい他の預貯金等を相続することができずに、老後の資金の確保ができないというケースが発生してました。

そこで、配偶者に居住権を認めて、他の相続人が不動産を取得しても居住権を主張できるため、他の預貯金等を配偶者が従来より多く相続できることになります。居住権も相続の対象となりますが、所有権よりは安い評価になると考えられております。

配偶者居住権を他人に主張するには登記をする必要があります。

ただ、どのケースでも配偶者居住権を認めて登記すればよいわけでもありません。

配偶者居住権の登記がされていると、そのままだと売却等は難しいため、将来居住用不動産をどうしていくのか、家族の関係や税務上等も総合的に考慮して決めていく必要があります。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

042-444-4525
営業時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日もご予約をいただければ対応可

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談

042-444-4525

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報

2020/6/2
更新
民法・相続法改正Q&A(遺言による相続登記が第三者への対抗要件に)を更新しました。
 
2020/4/23
更新
民法・相続法改正Q&Aを公開しました。定期的に更新をしていく予定です。初回は配偶者居住権とはを公開しております。
 
2020/4/2
更新
お役立ち情報に一度作成した遺言の変更・撤回を追加しました。
 
2020/2/18
更新
お役立ち情報に遺言の内容に反する行為を追加しました。
 
2020/1/23
更新
お役立ち情報に相続登記に期限はありますかを追加しました。
 
2019/8/1
更新
お役立ち情報に法定相続人とはを追加しました。
 
2019/6/4
更新
お役立ち情報に相続放棄はいつまでにすればよいのを追加しました。
 
2019/4/4
更新
お役立ち情報に法定相続情報証明制度とはを追加しました。
 
2019/4/4
更新
お役立ち情報に自筆証書遺言の要件緩和を追加しました。
 

お客さまの声

70代女性 (調布市在住)

司法書士の鈴木さんには丁寧に対応していただき、安心して利用できました。

40代男性 (狛江市在住)

平日は仕事でなかなか時間がとれなかったのですが、毎回仕事の後や土曜日に対応をしていただきすごく助かりました。

当相談所運営の司法書士ワンズベスト法務事務所

代表の鈴木 慧です。どうぞお気軽にお問合せ・ご相談ください。

取扱サービス

司法書士

営業時間

9:00~18:00
フォームでのお問合せは24時間受付しております。

定休日

土曜・日曜・祝日もご予約をいただければ対応可